重大なバグを修正した「Firebird v.2.0.3」リリース

荒浪一城

2007-09-27 19:22

 9月26日、リレーショナルデータベース「Firebird v.2.0.3」がリリースされた。

 Firebirdは、Windows、Linuxなどに対応するリレーショナルデータベース。並行性、高性能、ストアード・プロシージャーのための強力な言語に対応している。1981年以来、生産性を向上させるシステムとして、さまざまなプロジェクトで使用されてきた。

 今回のリリースでの変更点は下記のとおり。

  • 2つの重大なバグを修正
  • Solaris2.10(Solaris10)環境において、Intel、SPARCプラットホームの双方に対応

 詳細な情報は、同梱されているリリースノートのPDF、チェンジログのテキストを参照していただきたい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]