ティブコ、SOAの有効性を高める新製品「TIBCO Collaborative Information Manager 7.0」を発表

CNET Japan Staff

2007-09-27 21:08

 TIBCO Softwareは9月24日、バリューチェーン全体を通じて情報を管理し、同期化するための総合的な機能を提供するマスターデータ管理(MDM)ソリューションの最新版「TIBCO Collaborative Information Manager 7.0」の提供を開始した。

 TIBCO Collaborative Information Managerは、データプロセスの自動化とビジネスルールを組み合わせることで、企業のデータ管理プロセスを合理化し、情報ガバナンスを実行、エコシステム全体で情報を同期化するイベントベースのアプリケーション。同アプリケーションを使用することで、ビジネス上重要な情報を維持、管理できる。

 最新バージョンでは、クロスカタログリレーションシップ機能により、未処理データを実用的で理解しやすい形に表示し、ビジネス全体の可視性を高めるほか、組み込み分散キャッシュ機能によって高性能データスループットを提供する。

 対応プラットフォームは、64ビットOSを含むRed Hat Linux ES/AS 3.1以降、Microsoft Windows Server 2003、AIX 5.2/5.3、Solaris 9/10、HP-UX 11。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]