編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ソフトバンクテレコム、メール対策「スパムフィルタリング」の提供開始

冨田秀継(編集部)

2007-10-01 21:50

 ソフトバンクテレコムは10月1日、企業向けメールセキュリティサービス「スパムフィルタリング」の提供を開始した。トレンドマイクロのスパムフィルタリング技術「Spam Prevention Solution」を採用した、サーバ専有型アウトソーシングサービス。保守、運用はソフトバンクテレコムが担う。セキュリティポリシやネットワーク規模に応じた、柔軟なシステムの構成、設定が可能。

 スパムフィルタリングは、ソフトバンクテレコムのデータセンター内に、顧客ごとの専用ゲートウエイ機器を設置、その保守、運用を同社が行う。

 Spam Prevention Solutionは、スパムの受信予防、受信後の検出、隔離を行う。画像スパムメールのフィルタリング、Directory Harvest Attack(DHA)攻撃によるメールアドレスの流出を防ぐことも可能だという。

 また、不正なIPアドレスからのメール受信拒否、スパム行動パターンを推論して検知するヒューリスティック、パターンマッチングの組み合わせなどで、スパムメールの予防、検出、隔離を行う。

 そのほか、レポーティング機能も提供し、顧客がメールトラフィック、スパムメールの統計などを分析することもできる。

 価格は導入一時金が21万円のほか、アカウント数に応じた月額料金として、501〜600アカウントで21万8400円、1001〜1100で24万2550円、1501〜1600で27万3000円などとなっている(サーバは1台構成、価格は基本料金16万8000円を含み、アカウント数はいずれも例)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]