マイクロソフト、無料のオンラインツール「Office Live Workspace」を発表 - (page 3)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、福岡洋一

2007-10-02 08:18

 MicrosoftはOffice Liveに関して、大きな計画があることをすでに明らかにしている。7月に開催した「Worldwide Partner Conference」において、Microsoftの最高執行責任者(COO)Kevin Turner氏は、最もよく利用されるMicrosoft製品の第3位か第4位にOffice Liveが入る可能性があると述べた。

 それだけにとどまらない。廉価版生産性ソフトウェア「Microsoft Works」の広告付き無料版を提供する計画もあるし、3カ月単位で料金を支払うプリペイド版Officeの販売も一部地域で開始した。このほかにもMicrosoftは、顧客の負担が大きくなりすぎないよう、できる限り多くの方法でOffice製品を提供する可能性を探っている。

 Microsoftのコーポレートバイスプレジデントを務めるChris Capossela氏は、Worldwide Partner Conferenceでの取材に対し、「われわれには他に考えるべきビジネスモデルや流通戦略があったのに、過去2年間というもの、それを忘れてしまっていた」と語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]