編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

中国セキュリティ機関のWebサイトにiframeタグ挿入、トロイをホスティング

荒浪一城

2007-10-03 16:40

 10月2日、トレンドマイクロの研究機関TrendLabsのMalware Blogに、「CISRT Under Attack *gasps*」と題するエントリが投稿された。

 エントリには、中国が大型連休「国慶節」に入ったが、Chinese Internet Security Response Team(CISRT)に勤める人々は、CISRTのウェブサイトにiframeタグが挿入された問題により、出勤することになるのではないかと記載されている。

 この問題は、CISRTの3つのページにiframeタグが挿入されており、そのフレームがさらに別のiframeタグをロードするという。最終的には「sms.exe」というファイル名のトロイの木馬がダウンロード、実行される危険性がある。

 この件について、TrendLabsはすでにCISRTとコンタクトをとっており、ユーザーには事態の推移を見守るように呼びかけている。14:50の最新のアップデートによると、3つのページのうち、英語版ブログに挿入されたiframeタグは除かれたようだが、トップページでは現在も悪意あるサイトがホスティングされているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]