編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Matt Raible氏、「AppFuse 2.0」について語る

原井彰弘

2007-10-04 12:16

 ウェブアプリケーション開発支援ツール「AppFuse」の開発者の一人であるMatt Raible氏は10月2日、エンタープライズJavaコミュニティ「TheServerSide.com」上で「AppFuse 2.0は、Maven、アノテーションそしてジェネリクスという長い道のりの果てに生まれたものだ」と語った。

 9月18日にリリースされたAppFuse 2.0は、開発に13カ月もの期間が費やされた。Matt氏は「開発者、コントリビュータ、そして、テストを行いさらに磨きをかけ、AppFuse 2.0がJavaアプリケーション開発を行う上での素晴らしいソリューションであることを証明してくださったユーザの方々に感謝したい。皆さんが時間を割いて忍耐強くAppFuseを使用してくださった結果、現在の堅牢なシステムができあがった」と述べている。

 AppFuseは、オープンソースソフトウェアを用いたウェブアプリケーションをJavaで開発する際に、開発作業の効率化を支援するためのアプリケーション。AppFuseを用いることによって、プロジェクト立ち上げ時に必要となる煩雑な環境構築作業を半自動的に行えるようになるほか、パスワード管理やユーザ認証などのセキュリティ関連の機能を追加したり、開発したアプリケーションのテストを行ったりする際の作業が簡素化される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]