編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シスコ、802.11nドラフト対応製品を投入--モバイルビジネスの推進を加速

CNET Japan Staff

2007-10-05 19:06

 シスコシステムズは10月4日、優れたパフォーマンスと信頼性、導入の簡便性を兼ね備えた統合型の802.11nソリューションを発表した。

 シスコの次世代Unified Wireless Networkソリューションは、モジュラ型の「Cisco Aironet 1250シリーズ アクセスポイント」や48Gbpsまで拡張可能な「Cisco Catalyst6500」によるワイヤレス ローカルエリア ネットワーク(LAN)コントローラシステム、さらに「Unified Wireless Networkリリース4.2」による有線/無線サービスなどで構成される。

 同社はまた、Catalystスイッチ製品ファミリーで、デュアルラジオ対応のAironet 1250シリーズ製品にひとつのイーサネットポートからPoE(Power of Ethernet)給電できる機能を搭載する。

 Cisco Aironet 1250シリーズ アクセス ポイントは、2007年10月末より販売を開始。同製品のCisco Catalystスイッチ製品ファミリによるPoEサポートは、今年度末ごろを予定している。

 さらにシスコの次世代ワイヤレスソリューション導入を支援することを目的に、Cisco Catalyst 3750、4500、6500のスイッチング製品とワイヤレスLANコントローラ製品のバンドル販売も予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]