編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IDE CD-ROMデバイスのアクセス中のI/Oエラー発生を示すメッセージ

OSSメッセージペディア

2007-10-09 11:00

device name: packet command error

対処

CD-ROMデバイスが正常に動作しているか確認する。ハードウェア、またはメディアの不具合の可能性もある。

説明

メッセージ中で示すIDE CD-ROMデバイスのアクセス中にI/Oエラーが発生した。

このメッセージテキストに続き、エラーが発生した際のデバイスの状態やエラーの詳細情報を以下のスタイルで表示する。

  • デバイスの状態を表示する場合
    device name: error operation: status=status byte { status message }
  • エラーの詳細を表示する場合
    device name: error operation: error=error byte { error message } address sector=sector

デバイスがNot READY状態、あるいはUNIT ATTENTIONが発生している場合は出力しない。デバイスやメディアの不具合に関係するエラーとみなされた場合にこのメッセージを出力する。

packet command errorは、IDEドライバが該当デバイスにパケットコマンドをダイレクトに送信した時に発生したエラーであることを示す。通常の入出力において、Linuxはブロックデバイスレイヤの要求を最適化し、必要に応じ最も効率のよいI/Oを行うようパケットコマンドのカスタマイズを行うが、デバイスの状態チェックや、センス情報の取得、トレイ操作など、カスタマイズなしでダイレクトにデバイスにコマンドを送信したい場合がある。このようなケースで発行したコマンドでエラーが発生した場合、このメッセージを出力する。

パケットコマンドの詳細についてはATAPI(ATA Packet Interface)の仕様を確認のこと。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]