編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

親が認識している以上に子どもはインターネットを利用--マイクロソフトのインターネット利用意識調査より

CNET Japan Staff

2007-10-10 10:12

 マイクロソフトのオンラインサービス事業部は10月9日、第3回目となる独自調査「子どもと親のインターネット利用意識調査」の結果を発表した。この調査は、マイクロソフトが行っている「子どものインターネット利用安全への取り組み」の一環として2005年より実施されている。

 子どもと親のインターネット利用意識調査は、子どものインターネット利用状況および危機意識の把握と親の意識の差異を分析し、キッズセーフティに積極的に取り組むことを目的に実施されるもの。同調査では、インターネット利用に対し、親子間で以下のような利用意識の差があることが判明している。

  • 親が認識している以上に子どもはインターネットを利用している(約80%が毎日インターネットを使用)。
  • 居間などの共有スペースで使用しながらも1人でインターネットに接続している。
  • 子どもは親が思っている以上にインターネットでメールやチャットなどのコミュニケーションツールを利用している。

 マイクロソフトでは、インターネットの利便性と危険性を親子向けに解説した「オンラインのキッズセーフティ」をテーマとした専用サイト「親子で学ぶ、インターネット安全教室」を開設している。

 また、2006年11月より1年間のプログラムとして、小学校、中学校および関連イベントにて「インターネット安全教室」を開催。現在までに9回開催し、600人以上の親子が参加した。さらに、有害サイトブロックサービス「Windows Liveファミリーセーフティ」を無償で提供している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]