編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

日本IBM、タワー型より9割排熱を削減したブレード型ワークステーションを発表

CNET Japan Staff

2007-10-10 17:24

 日本IBMは10月10日、従来のタワー型ワークステーションより排熱が9割少なく、8割の設置スペースを削減できるブレード型ワークステーション「IBM BladeCenter HC10」を発表した。10月22日より出荷開始する。

 BladeCenter HC10は、ワークステーション機能をブレードに集約し、LAN経由で接続した専用クライアント端末「IBM CP20 ワークステーション・コネクション・デバイス(CP20)」経由で処理を行う、ブレード型のワークステーション。画像や入出力信号転送をハードウェアの機能で圧縮、暗号化して転送するため、従来のタワー型ワークステーションでの処理と同等のレスポンスを実現すると同時に、セキュリティの確保が可能だ。

 CP20は、ハードディスクを内蔵しないユーザー専用端末で、設定によりUSBポート経由の外付けハードディスクやメモリーキーへのデータの保管が制限できる。演算処理はサーバールームに設置されたBladeCenter HC10または接続されたストレージのみに保管されるため、端末側からデータを外部に持ち出すことはできない。また、CP20はA5版サイズのコンパクトな筐体で、ファンなどの可動部品を持たないため、従来のワークステーションに比べ端末側で9割の排熱を削減でき、騒音もほとんどない。

 BladeCenter HC10は、「IBM BladeCenter E」および「IBM BladeCenter S」に対応する(BladeCenter Sの日本での出荷開始日は未定)。他のBladeCenterサーバをシャーシ内で混在することも可能だ。

 日本における先行事例として、外為どっとコムが金融商品と先物商品の取引専用端末としてBladeCenter HC10およびCP20の採用を決定した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]