編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

データセンタのCO2排出量、情報通信技術分野の4分の1に達する--ガートナー調査 - (page 2)

文:Colin Barker(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-10-12 15:10

 以下はGartnerが作成した情報通信業界が抱える課題の一覧と、同社が各課題を挙げた理由の説明だ。

  1. グリーンIT(環境にやさしいIT):2007年の最重要課題として挙がったのはグリーンITの重視だ。そして、このグリーンITの動きは2008年に加速、拡大する。
  2. ユニファイドコミュニケーション:構内交換機(PBX)を導入している企業、団体の2割は、すでにIP電話に移行しており、8割以上がすでに何らかのIP電話を試験的に導入している。
  3. ビジネスプロセスモデリング:最上位のプロセスサービスは、さまざまな役割分担の人々が集まって定義する必要がある。定義に参加すべき人たちとしてはエンタープライズアーキテクト、シニアデベロッパー、プロセス設計者、プロセスアナリストなどが挙げられる。
  4. メタデータ管理:顧客データの統合、製品データの統合、製品情報管理を行っている企業は、少なくとも2010年までに、これらの取り組みと、全体的な企業情報管理戦略との関係を整理することになる。
  5. 仮想化2.0:仮想化技術により、ITリソース利用の改善や、要求や負荷の変化への適応に必要な柔軟性の向上が可能だ。
  6. マッシュアップとコンポジットアプリケーション:2010年までにウェブマッシュアップが企業向けコンポジットアプリケーションの作成方法の主流となるだろう。
  7. ウェブプラットフォームとウェブ指向型アーキテクチャ:サービスとしてのソフトウェア(SaaS)がより多くの市場で現実的な選択肢になりつつある。そこで、企業は2008〜2010年の間にサービスベースのデリバリが価値を提供する分野を見極めなくてはならない。
  8. コンピューティングファブリック:コンピューティングファブリックは、今日の中間段階(であるブレードサーバ)を超えたサーバ設計の進化形だ。
  9. リアルワールドウェブ(Real-World Web):リアルワールドウェブとは、ウェブの情報が、現実世界の特定の位置、活動、状況に適用される場所を指す。これは、仮想世界と同様に、ユーザーが直面する現実を(置き換えるのではなく)増強することを目的としている。
  10. ソーシャルソフトウェア:企業向けのWeb 2.0環境は、持続的なプロダクトイノベーションや、新興企業、大手ベンダー、従来のコラボレーションベンダーなどの新規参入にともない、少なくとも2010年までに大きな変化に見舞われる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]