編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

SAS、RDBMSとSASの分析ソリューションを連携させる新構想を発表

CNET Japan Staff

2007-10-09 23:32

 SAS Instituteは10月8日、主要なリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)とSASのデータ統合、アナリティクスおよびソリューションをダイレクトに統合する構想を発表した。

 この構想により、データ統合の効果化とデータ移動に伴うリソースの節減を可能にし、合理的な分析プロセスを構築可能。企業は、社内の階層にとらわれることなく組織全体でエンタープライズデータウェアハウスとBIを迅速に活用できる。

 SASはこの構想を通じて、高い柔軟性と費用対効果のもと、顧客のエンタープライズデータウェアハウス資産と「SAS In-Database Processing(高速なデータ処理エンジン機能)」の相乗効果をさらに向上。企業が主力ビジネスに専念できるよう支援する。

 この構想は世界規模で展開され、順次、主要なRDBMSプラットフォームとの統合作業が進められる予定。SASは同日、Teradataとのパートナーシップも発表している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]