編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

誤って make を実行してしまった

OKWave

2007-10-17 16:00

誤って make を実行してしまった

FreeeBSD6.1 の環境です。
利用しているのは、さくらインターネットのレンタルサーバです。

教えて頂きたいのは、誤って /usr/ports/lang のディレクトリで、root で make を実行してしまいました。

10分程度コンパイルしていたと思います。
誤って make を実行してしまったため、今どのような状況になっているのか把握が出来ておりません。

ディレクトリ内を見ると下記のディレクトリが
Gofer
STk
Sather
TenDRA
abcl

make を実行した頃の時間になっています。
ちなみに、make install、make clean は実行していません

具体的に教えて頂きたい事は
1、make を実行した時点でコンパイルされたファイルが作成されたと思います。そのファイルは何処に保存されているのでしょうか。
2、現状このままで良いのでしょうか。
3、出来る事であれば、コンパイルしたファイルを削除したい。この場合、make clean を実行すれば良いのでしょうか。

以上3点に関してアドバイスを頂きたいと思います。

良回答

私もやったことあります^^;

3)make install前であれば、原則、/usr/ports/langで

make clean; make distclean
しておけばきれいさっぱり消えるはずです。
distcleanはソースファイルを削除します。
すでにインストールされているものは消えません。

1)通常、コンパイルしたファイルは各portsのworkディレクトリ、ソースファイルは/usr/ports/distfiles/に保存されます。

2)実行が不安な場合はそのままでも問題ありません。(ちょっと容量を食うだけです)

回答

makeを実行した場合にどのmakeファイルを実行したのかによって、
それに沿って全部追いかけていくしか手がないかと思います。

最悪レンタルサーバー業者へ回復依頼したほうがいいのではないでしょうか?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]