Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その30:パーティクル4 - (page 4)

大槻透世二(サイバーアドベンチャー)

2007-10-25 08:00

3. Particle Appearance

Particle Appearance
ルール 値(Values)/データ 説明
3. Particle Appearance
PSYS_PART_START_ALPHA(float) 0.0 発生時のパーティクルの透明度
※0.0(透明)〜1.00(不透明)
PSYS_PART_END_ALPHA(float) 0.0 消滅時のパーティクルの透明度
※0.0(透明)〜1.00(不透明)
※PSYS_PART_INTERP_COLOR_MASKが有効な時のみ有効になる
PSYS_SRC_TEXTURE(string) "Particle Arrow" パーティクルとして使うテクスチャのファイル名、あるいはkeyを指定
※テクスチャはパーティクルスクリプトと同じオブジェクトのコンテンツとして入れておく

PSYS_PART_START_ALPHA(float)
PSYS_PART_ END_ALPHA(float)

 パーティクルの発生時と消滅時の透明度を指定する。0.0なら透明で、大きくなるに従い透明度が下がり、1.0なら不透明となる。ただし、この指定が有効になるのは、「PSYS_PART_INTERP_COLOR_MASK」が有効な時のみだ。

 下図中央はこのルールはOFFにしている。それに対して、下図左は発生時を不透明、消滅時を透明に設定している。消滅時にはパーティクルが薄くなっているのがわかる。逆に、下図右は発生時を透明、消滅時を不透明に設定している。ただし、この場合、発生時の透明なパーティクルはオブジェクト内部にあって見えない。さらに、発生時はパーティクルが密集しているために、透明にしたことが分かりづらくなっている。

PSYS_PART_START_ALPHA(float)とPSYS_PART_ END_ALPHA(float)

PSYS_SRC_TEXTURE(string)

 このルールで、テクスチャをストリング(文字列)形式で指定すると、そのテクスチャでパーティクルを代用できる。例えば、通常は下図左のように表示されるパーティクルに、下図中央のようなテクスチャを指定すると、下図右のように表示される(このテクスチャは「持ち物」フォルダの「Library」-「Textures」-「Waterfalls」-「Particle System」の中に入っている「ParticleArrow」)。この時、テクスチャは、パーティクルスクリプトと同じように、オブジェクトにコンテンツとして入れておく必要がある。

PSYS_SRC_TEXTURE(string)
     

 スクリプト中では、下図のようにテクスチャの名前を“ ”で囲む。

テクスチャの指定1

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]