編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

IPS、フルHDで32型--IPSアルファが32型のフルHDパネルを開発

仲田玲子

2007-10-19 20:18

 日立製作所、松下電器産業、東芝の3社が共同出資する液晶パネル製造会社のIPSアルファテクノロジ(以下、IPSアルファ)は10月19日、液晶テレビの高画質化に対応するため、32型フルHD精細度(1920×1080ピクセル)のテレビ用IPS液晶パネル「IPSαパネル」を開発したと発表した。2008年中に量産を開始する予定という。

今回開発したIPSαパネルは、従来のHDパネルの表示画素数(1366×768ピクセル)に対して精細度を2倍化した。上下左右178度の広い視野角を持ち、見る方向での色調の変化が少なく、どこから見ても自然で美しい画像を表示できる。

 また、フルHDパネルの120Hz対応技術として、2チャンネル低電圧差動伝送方式機能を内蔵した液晶コントローラを開発。

 120Hzの動画対応の画像を入力でき、動画応答速度で8ms台に対応した。液晶パネルは、パネル部材の散乱を低減することにより、正面コントラスト比を従来品に比べて20%改善した。

 さらに、IPSαパネルの高透過率設計により、高精細化に伴い増加するバックライトの消費電力を従来のHDパネルとほぼ同等レベルに抑え、低消費電力を実現している。

 IPS方式は原理的に広視野角であり、見る方向での色調の変化が少なく、どこから見ても自然な画像を表示できる特長がある。特にテレビ用に開発したIPS-Pro技術は、初期のIPS方式と比較して透過率を1.8倍、コントラスト比を4.5倍向上させ、高画質化を実現した。

 IPSアルファでは、この技術を用いて生産したパネルをIPSαパネルと称し、2007年4月に37型フルハイビジョンテレビ用IPSαパネルを量産開始している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]