編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

2007年5月時点のVista企業導入率は0.8%、「1年後に5%〜10%になる」

藤本京子(編集部)

2007-10-22 19:50

 企業向けの「Microsoft Windows Vista」発売開始から1年が経過しようとしている。マイクロソフトでは、毎年5月頃にWindows製品などの導入状況を調査しているが、2007年5月の調査では、企業内でのWindows Vistaの導入率は0.8%、「2007 Microsoft Office system」の導入率は4.4%だった。

 「このデータは、OEM PCでVistaが提供開始されてから約3カ月後の数字であることから、特に多いとも少ないとも言えない数字だ。ただし、Windows XPが出荷された時に調査会社が発表したデータでは、XPの導入率はこの数字よりずっと低かった」と、マイクロソフト インフォメーションワーカービジネス本部 本部長 業務執行役員の横井伸好氏は、10月22日に開催されたプレス向け説明会にて述べた。

横井氏 マイクロソフトの横井伸好氏

 横井氏は、「今、多くの企業で新しいデスクトップPCへの移行がはじまっている。つまりVistaと2007 Officeの導入も本格化してきており、把握しているだけでも約30万台の導入予定がある」としている。

 VistaとOfficeの新たな導入事例として、横井氏は広島市の例を挙げた。広島市では、約3300台のPCにVista EnterpriseおよびOffice Enterpriseを導入、2008年3月に稼働する予定だ。同市では、ハードディスク暗号化機能「Windows BitLocker」と、アクセス権限管理機能「Information Rights Management」などを活用し、情報セキュリティの向上と質の高い行政サービスの提供を目指す。

 マイクロソフトでは、今後もVistaや2007 Officeの導入を促進するため、導入にあたってのユーザーの課題を分析し、その課題を解決するためのソリューションを提供している。導入計画や検証、移行、展開、トレーニング、メンテナンスなど、段階別にコンサルティングなどを提供しているが、10月31日からは「デスクトップ導入計画サービス」において、Vistaおよび2007 Office対応のサービスを新たに提供する予定だ。

 デスクトップ導入計画サービスは、ユーザーに合った導入や展開計画の立案を、ソフトウェアアシュアランスの特典として無償で提供するもの。デスクトップ導入計画パートナーがユーザーの環境を診断し、立案を行う。

 横井氏は、こうした施策などにより「2008年5月には、Vistaの企業導入率が5%〜10%程度に、2007 Officeの導入率が15%〜20%程度になるのではないか」と見ている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]