編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

分散型SCM「Mercurial 0.9.5」

原井彰弘

2007-10-22 20:14

 19日、Mercurialプロジェクトは分散型SCM(Source Control Management)システム「Mercurial」の新しいバージョン「Mercurial 0.9.5」をリリースした。

 Mercurialは、高速かつ軽量のSCM。CVSやSubversionのような集中型リポジトリではなく、各開発者それぞれがリポジトリを保有し、それらの同期を行うことによってリポジトリを最新の状態に保つ「分散型」という仕組みを用いている。そのため、ネットワークに接続できない状態でもリポジトリを操作する作業を行うことが可能になる。

 今回のリリースでは、シンボリックリンクに関する機能が向上し、シンボリックリンクをサポートしていないシステムでもシンボリックリンクを扱えるようになった。また、大きなディレクトリやファイルを扱う際のパフォーマンスが向上した。それ以外に、多数のバグが修正されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]