編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

「Javaの父」サンのジェームズ・ゴスリング氏が取り組むJavaの未来 - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、大久保崇子、國分真人

2007-11-01 16:00

 もちろん、Java SEへの移行が一夜にして行われるわけではない。Sunのソフトウェア担当エグゼクティブバイスプレジデントであるRich Green氏は、さまざまな簡易版Javaを搭載したスマートフォンが今後10年以上は市場にとどまり続けるであろうと予想している。

 しかし、移行が既に始まっていることは確かだ。Gosling氏は「Java MEはますますJave SEに近づいてきている」と語る。

モバイルJavaのデフラグ

 Java SEに移行すると、Java MEを慢性的に悩ます問題、つまり断片化を解消できる。

 Java MEは、基本的なオプションの上に高レベルなオプションを重ねるかたちで各種の機能を寄せ集めてあり、それぞれのオプションはJava Specification Request(JSR)と呼ばれる詳細な記述によって定義されている。Java MEでは、このJSRがさまざまな機能に対応して多数存在するため、「一度書いたプログラムはあらゆるプラットフォーム上で実行可能(write once, run anywhere:WORA)」というJavaが本来持つ特徴に難題を突きつける結果となった。

 WORAとは、Javaで記述されたプログラムは原則的に「Java仮想マシン(JVM)」を持つあらゆるコンピュータで実行できるということだ。JVMは、汎用のJavaプログラムを特定のコンピュータで実行するために使用するソフトウェア基盤である。しかし、Java MEの拡張機能はさまざまであり、ある携帯電話用に作成されたプログラムが別の携帯電話で機能する保証はほとんどない場合が大半だった。

 一方、基本的な機能が豊富なJava SEをJava MEの代わりに使用すると、少なくともソフトウェアの移植性に関してJavaが本来備えるべき特徴を部分的に取り戻すことが原理的には可能になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]