編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

GWTでJavaScriptを書かないAjax開発--第2回:アプリケーションの生成と実行

沖林正紀

2007-10-25 07:00

 前回はGoogle Web Toolkit(GWT)の概要と、これを用いたアプリケーション構築の全体的な流れを紹介した。今回は、GWTのコマンドによってアプリケーションの雛形を生成し、それを実行してみることにしよう。

GWTモジュールの展開

 GWTのモジュールは、「Google Web Toolkit Release Archive」から、Windows、Mac OS X、Linuxの各プラットフォームに対応したものをダウンロードできる。いずれも圧縮形式なので、これを展開すると同名のルートフォルダが生成され、その中にさまざまなファイルが生成される。ここでは生成されたルートフォルダを「%GWT_HOME%」とする。

 GWTの実行環境として、J2SE1.4.2以上のJDKとWebブラウザが必要だ。そしてWebブラウザは、CSSとJavaScriptの実行を有効にしておかなくてはならないのは、前回述べたとおりだ。

アプリケーションの雛形を生成

 アプリケーションの雛形を生成するために用いるのは、%GWT_HOME%の中にあるapplicationCreatorというコマンドだ。引数とオプションの指定は以下の通り。

applicationCreator (-eclipse プロジェクト名) (-out ディレクトリ名) (-overwrite|-ignore) クラス名
  • 引数
    • クラス名:パッケージ名に"client"を含める必要がある。
  • オプション
    • -eclipse プロジェクト名:Eclipseプロジェクト(launchファイル)を生成
    • -out ディレクトリ名:雛形を生成するディレクトリ
    • -overwrite:同名のファイルが存在していても、すべて上書き
    • -ignore:同名のファイルが存在したら上書きしない

 リスト1は、example1というディレクトリにgwt.example1.client.GWTExample1というクラス名で、アプリケーションを生成した例だ。これによると、4つのディレクトリと6つのファイルが生成されていることが分かる。注意すべきなのは、コマンド引数となるクラス名には"client"を含めないと、エラーメッセージが出力されてアプリケーションが生成されないということだ。

リスト1 アプリケーションの雛形の生成例(ドライブ名など一部省略)

%GWT_HOME%> applicationCreator -eclipse GWTExample1 -out example1 gwt.example1.client.GWTExample1
Created directory example1\src
Created directory example1\src\gwt\example1
Created directory example1\src\gwt\example1\client  ← クライアント(Webコンテンツ)側のJavaアプリケーション用
Created directory example1\src\gwt\example1\public  ← HTMLやCSSなどのWebコンテンツ用
Created file example1\src\gwt\example1\GWTExample1.gwt.xml      ← 設定ファイル
Created file example1\src\gwt\example1\public\GWTExample1.html  ← レイアウトとスタイルシート(CSS)が記述されたHTML
Created file example1\src\gwt\example1\client\GWTExample1.java  ← クライアント(Webコンテンツ)側のJavaアプリケーション
Created file example1\GWTExample1.launch      ← Eclipseプロジェクトの設定
Created file example1\GWTExample1-shell.cmd   ← hosted modeによる実行コマンド
Created file example1\GWTExample1-compile.cmd ← web modeによる実行コマンド

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]