米Apple Store、「雨が苦手なLeopard守って」と傘配る--雨のNYでも待ち行列

文:Caroline McCarthy(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年10月27日 12時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間10月26日午後、米Appleが最新のMac OS 10.5「Leopard」を発売した。ニューヨークのマンハッタンは、雨が降って風が吹き、肌寒いあいにくの天気となってしまった。しかし、それでも5番街のApple Storeには何百人もの人が、新OSを手にしようとゴアテックスのジャケットや傘を片手に集まった。

 雨交じりのイベントを取材していた別の記者は列を見て「狂信的だ」とコメントする。

 Leopardのために列に並んだ人たちは、熱狂的なAppleファンと、早めに製品を手に入れたいと考える人と、半分ずつに分かれていた。発売時刻の午後6時になってApple Storeの店員が顧客を中に案内すると、顧客はすぐさまレジに向かったため、列は(6月のiPhone発売時のように)速く進んだ。

画像の説明
提供:Caroline McCarthy/CNET Networks

 列の先頭に並んだのは、近くのCardozo School of Lawに通う20代のBob Greenleesさん。事前予約に申し込んで配達してもらうこともできるのに、なぜわざわざ列に並んだのかと尋ねると、「これは現実の出来事だから」と述べる。「5番街にあるAppleのフラグシップ店での出来事に参加したい。しかも、今回は列で3日間も過ごさずに、店舗前に並ぶチャンスだ」(Greenlessさん)

 Greenlessさんは手にした製品と一緒に写真を撮ると、すぐに帰宅してこれをインストールすると述べた。列には午後2時半から並んだという。

 列の9番目に並んだManhattan CollegeのSteven Mirandaさんは「フリーのTシャツが目当て」と述べる。Apple Storeは列に並んだ最初の500人にTシャツをプレゼントするキャンペーンを展開しており、このTシャツというのが、Appleファンにはたまらないプレゼントとなっている。筆者はMirandaとその友達数人にWall Street JournalのテクノロジコラムニストWalt Mossberg氏が書いた記事について、感想を聞いてみた(編集部注:同氏は記事でLeopardが「漸進的だけれど、革新的でない(evolutionary, not a revolutionary)」リリースだと述べている)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化