編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

KDDIとMS、SaaS型ソリューション「Business Port」の提供開始--第1弾は「Outlook」

CNET Japan Staff

2007-10-29 20:51

 KDDIとマイクロソフトは10月29日、法人市場における新しいSaaS型ソリューション「Business Port」の提供を開始すると発表した。これは、両社間で6月27日に合意したSaaS型ビジネスに関する包括提携に基づくもの。

 「Business Port」は、様々な業務アプリケーションをSaaS上の統一プラットフォーム上で提供するKDDIのサービスブランド。マイクロソフトのテクノロジーを用いて協業パートナーの各アプリケーションを連携させ、ユーザーに提供するための基盤と位置づけられている。

 「Business Port」業務アプリケーションの第1弾として、Microsoft Office Outlook 2007のメールやスケジュール機能などを統合し、PCおよびau携帯の双方から使うことのできるビジネスコミュニケーションウェア「KDDI Business Outlook」を、2008年3月から980円/月(1ID)で提供開始する。

 「KDDI Business Outlook」は、ソフトウェアベンダーやソリューションパートナーなど、パートナー各社のアプリケーションを携帯電話に連携していくための中核となるもの。サービスはKDDIが提供する。

 また、両社では、パートナー各社のSaaS型サービスの提供を支援するプログラム「Business Port Support Program」を2007年12月より開始する。

 このプログラムは、サービス提供のための専用設備をKDDIが用意し、その費用を一部負担することで、パートナー各社の初期投資や運用コスト面の事業リスクを最小限に抑えるもの。加えて、KDDIおよびマイクロソフトでは、プログラムに参加しているパートナーと共同でのマーケティング活動も行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]