編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本でも人気の「GOM Player」にシステムアクセスの脆弱性

荒浪一城

2007-10-30 13:43

 Secuniaは10月29日(デンマーク時間)、多機能メディアプレイヤー「GOM Player」にシステムアクセスの脆弱性が発見されたと公表した。影響度は、5段階中上から2番目の「Highly critical」に位置づけられている。

 今回発表されたのはスタックベースのバッファオーバーフロー脆弱性で、攻撃が成功すると、リモートから任意のコードが実行可能となる。脆弱性はバージョン2.1.6.3499で確認されており、他のバージョンでも影響を受ける可能性があるという。

 執筆時点で、修正パッチなどはリリースされていない。当面の回避策は、ActiveX コントロールを無効に設定することとなる。

 GOM Playerは。韓国のGRETECHが開発したメディアプレイヤー。内蔵コーデックが豊富なため、PCビギナーであっても形式・コーデックを意識することなくファイルを再生することが可能なため、日本でも利用者が多い。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]