編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

早速ハックしてみました:iPod touch 1.1.2

大野晋一(編集部)

2007-11-13 17:00

 AppleがiPod touchおよびiPhoneのファームウェアのバージョン1.1.2を公開した。これまで、サードパーティアプリケーションをインストールする、いわゆる「JailBreak:脱獄」の際に使われていた、TIFF画像処理の際のバッファオーバーフローによる脆弱性は解消。アップデート後はサードパーティアプリケーションの使用は不可能となる。本稿では早速有志により公開されたバージョン1.1.2対応の「脱獄ツール」を使って再びサードパーティアプリケーションの使用を可能としてみたい。
 アップデート後のバージョンは1.1.2、ビルドナンバーは3B48bとなる。後述するがいくつかの機能改善が実現しており、なにより脆弱性が修正されたということで是非ともアップデートしておきたい。さて、早速始めよう。脱獄した後はアプリケーションをインストールするも良し、Webサーバにして2chリーダーを動かすもよしだ。

 アップデート後のバージョンは1.1.2、ビルドナンバーは3B48bとなる。後述するがいくつかの機能改善が実現しており、なにより脆弱性が修正されたということで是非ともアップデートしておきたい。さて、早速始めよう。脱獄した後はアプリケーションをインストールするも良しWebサーバにして2chリーダーを動かすもよしだ。

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]