編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

サイト脆弱性をチェックしよう!--第5回:XSSの脆弱性を検査する方法 - (page 2)

池田雅一(テクマトリックス)

2007-11-01 12:00

XSSの検査方法

 XSSは比較的見つけやすい脆弱性といえる。これは、HTTPレスポンスに埋め込まれたJavascriptやタグにより、ブラウザ側に誤動作を行わせる脆弱性であるため、HTTPレスポンスを解析することで脆弱性の有無を判断できるためだ。従って、検査する際には以下のような方法で、脆弱性の有無を判断する。

1)入力データ(パラメータ値やCookie)にタグやJavascriptを示すデータを入力して、アプリケーションを呼び出す(HTTPリクエストを送信する)。

2)HTTPレスポンスに入力データに使用したタグやJavascriptが有効な形で含まれているかを確認する。有効な形で存在している場合、XSSの脆弱性があると判断できる。

 実際の検査に使用するデータには、以下のようなものがある。

検査用データ

 XSSの脆弱性があるアプリケーションの場合、これらのデータをブラウザから入力してアプリケーションを呼び出すと「Test」と書かれたポップアップウィンドウが表示される(図2)。

図2 図2:XSSの脆弱性があるアプリケーションを呼び出すと「Test」と書かれたポップアップウィンドウが表示される(※クリックすると拡大画像が見られます)。

 たとえば、XSSの脆弱性のあるアプリケーションがダブルクォートを利用したケースを入力データに入れると、以下のようになる。

ダブルクォートを利用したケース

 この結果、INPUTタグが意図せず閉じられ、SCRIPTタグが有効になり、alert("Test")がスクリプトとして実行されてしまう。

 このようにして、脆弱性の有無を確認できるが、ブラウザを使用するとラジオボタンや、Hiddenフィールド、またはJavascriptで入力データの確認を行っている場合には、これらの値を入力することが困難となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]