PHPツールやTOMOYOを搭載--サーバOS「Turbolinux 11 Server」が11月29日販売

田中好伸(編集部)

2007-10-31 23:18

 ターボリナックスは10月31日、エントリーレベルからミッドレンジまでを対象となるLinuxサーバOSの新版となる「Turbolinux 11 Server」(11S)を11月29日から販売を開始することを発表した。価格は4万9350円からとなっている。

 前版から3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる11Sは、「Simple、Smart、Surprise」をコンセプトとしてウェブやメールなどのエッジ系サーバ、ファイルサーバ、部門サーバに最適としている。同社の事業推進本部長の森蔭政幸氏によれば、「ウェブ系パフォーマンスでは従来製品と比較して1.5倍強向上している」という。エッジ系に必要とされるサーバアプリケーションが1枚のCDに収録され、「ものの10分程度で導入できる」(森蔭氏)と説明している。

森蔭政幸氏 事業推進本部長の森蔭政幸氏

 また、ウェブシステムで現在主流となっているLAMP/LAPPの基盤ソフト群も搭載されている。具体的には、「Apache 2.2.6」「MySQL 5.0.45」「PostgreSQL 8.2.5」「PHP 5.2.4」となっている。PHPでは、開発環境と運用環境をワンパッケージにした「Zend Core」、PHPの標準となっている開発フレームワーク「Zend Framework」、PHPで構築されたシステムの実行速度を高速化させられるというPHPコード最適化ツールである「Zend Optimizer」も加えられている。

 PHP系ツールを強化した背景として、「Yahoo!やflickr、diggなどの米での大手ネットサービスのサイトはPHPで構築されている」(森蔭氏)ことなどを挙げるとともに、アジアでのPHPでのシェアが増加、「世界でのPHPエンジニアが順調に増加している」(同氏)こともある。

サイト PHPで構築されているというサイト
サイト数 アジア圏でPHPで構築されたサイト数が圧倒的に多い
エンジニア数 Javaや.NETの全体には及ばないものの、PHPエンジニアの伸びも高い

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]