高速なPythonデバッガ「Winpdb 1.3.0」リリース

原井彰弘

2007-11-02 19:33

 Winpdbプロジェクトは11月1日、Pythonデバッガ「Winpdb」の新バージョン「Winpdb 1.3.0」をリリースした

 Winpdbはプラットフォーム非依存のPythonデバッガ。マルチスレッドや名前空間の修正、埋め込みデバッグ、暗号化通信機能などをサポートしており、標準のデバッガpdbよりも最大20倍高速だという。CPython 2.3、2.4、2.5に対応しており、実行にはwxPython 2.6以上が必要となる。

 今回リリースされた新バージョンでは、新たにUnicodeに対応したほか、Python 3.0との互換性も保証された。また、シグナルや環境変数へのサポートを強化。それ以外にもパフォーマンスの改善や、多数のバグ修正を実施したとされている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]