編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

Stormワームがさらに進化--研究者が警告

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部

2007-11-05 12:27

 Symantecの研究者によると、Storm Wormが再び進化しているという。

 同マルウェアの作成者たちは、ワームの動きを効率化し、安定化させるため、コードから主な機能の一部を削除したと、研究者たちは述べている。

 新版のStorm Wormは、システム上に存在する適法のドライバには感染せず、自らの独自仕様のコンポーネントに依存して「汚い仕事に手を染める」。またExplorer.exeのプロセスに自らを挿入する、これまでの行為をとりやめたと、Symantecのセキュリティ研究者Thomas Parsons氏はブログへの投稿で述べている。

 「Storm Wormの開発が続いている(また、このサイクルにレビューが盛り込まれるようになった)。このことは、これからも多くのPCがこのワームに感染し続けることを意味する。一般に見られる現象と違い、Storm Wormは話題をさらい続けるだろう。近いうちに勢いが衰えるという様子は見られない」(Parsons氏)

 Stormのボットネットは2007年の初めに形成された。その手口は「230 dead as storm batters Europe(暴風雨がヨーロッパを襲い、230人が死亡)」という件名のスパムメールに添付ファイルとして、ワームを潜ませるというものだった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]