編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

MindManagerで「見える化」実践! スマートなプロジェクト管理(3)--仲間と仕事の地図を共有しよう! - (page 4)

渡邉安夫(シンプル・ビジョン)

2007-11-12 08:00

活用ポイント(2)--複雑な仕事の構造を階層化する

■トピックの分割(送信)

 マインドマップを使うと、1枚で仕事の全体像を見渡せるとは言っても、すべての詳細項目までを含めて1枚で見渡すのは無理がある。通常、1枚のマップで俯瞰できるレベルは、2レベルから3レベル程度だ。それ以上の階層を必要とする場合は、深いレベルのトピック以下を分割し、別のマップとして管理することを勧めたい。

 MindManagerの送信機能を使うと、選択された任意のトピック以下を別マップに素早く切り出すことができる。

 この機能を使うときは、任意のトピック上で右クリックし、コンテクストメニューから「送信」→「リンクした新規マップ」を選択する。

03-06 「送信」機能を使って、任意のトピック以下を別マップに切り出す場合は、任意のトピック上で右クリックし、コンテクストメニューから「送信」→「リンクした新規マップ」を選択する。(画像をクリックすると拡大表示します)
03-07 すると、この画像のように別マップとして切り出される。階層が深くなりすぎて全体の見通しが悪くなったと感じたら、この機能でマップを分割するとよい。(画像をクリックすると拡大表示します)

■マルチマップビュー

 1枚のマップには、別のマップをサブマップとして関連づけることができる。これには、トピックの送信機能やハイパーリンク機能を使う。このような複数のマップで構成された情報に素早くアクセスするには、マルチマップビューを利用すると便利だ。これによって、複雑な仕事の構造を整理し、シンプルに体系化することができる。マネジメント対象範囲を柔軟にコントロールできるのだ。

 この機能を使う場合は、メニューの「表示」から「マルチマップビュー」を選択する。

03-08 「マルチマップビュー」画面では、当該のマップに関連づけられたマップがサムネールで一覧表示される。送信機能などで切り出したものなど、必要なマップへすばやくアクセスできる。(画像をクリックすると拡大表示します)

■アウトラインビュー

 MindManagerでは、標準のマップビューに加えて、トピックの階層構造をリスト形式で表示する「アウトラインビュー」に状態を切り替えることもできる。Word、PowerPoint、Excelにもアウトラインモードがあるため、このスタイルを見慣れている人も多いだろう。

 全体をふかんする際には、放射状に描かれたマップビューを使用し、項目の序列や順序をレビューしたい場合にはアウトラインビューを使うといった視点の切り替えが柔軟に行える。

 また、アウトラインビューにおいても、トピックの追加や更新、削除などの操作が可能だ。アウトラインビューで行った変更点は、もちろんマップビューにも反映される。

 この機能を使う場合は、メニューの「表示」から「アウトラインビュー」を選択する。

03-08 トピックの階層構造をリスト形式で表示する「アウトラインビュー」。アウトラインビューで加えた変更は、もちろんマップビューにも反映される。(画像をクリックすると拡大表示します)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]