編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

device-mapper: dm-multipath version 1.0.4 loaded

OSSメッセージペディア

2007-11-08 11:00

dm-multipath version major.minor.patchlevel loaded

対処

通知情報のため、対処の必要なし。

説明

カーネルにロードされたdm-multipathのバージョンを表示する。

また、dm-multipathモジュールのロード及び初期化が成功したことを意味する。

device-mapperは論理/物理デバイス間のマッピング機構である。論理ボリューム管理ユーティリティ(LVM2や dmraidなど)で必要となる基本部分、ライブラリを提供し、ユーザ空間のコマンド(dmsetup)及びライブラリ(libdevmapper)が含まれている。

multipath I/OはサーバのI/Oデバイスと外付けのストレージ間に2本以上の経路からなる耐故障構成(fault tolerance)の場合を指し、SAN(Storage Aea Network)上に欠かせないソリューションである。Linuxでは、multipath I/Oを構成するには、dm-multipath及びmultipath-toolsが必要である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]