編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

Goslingさん、最近、Javaで何が熱いの? - (page 3)

杉山貴章(オングス)

2007-11-12 17:56

ビジネスアプリケーションの変化とJava

 Gosling氏は基調講演でWeb 2.0についても言及しているが、近年ではビジネスアプリケーションの分野においても様々なベンダーがWeb 2.0の要素を採り入れた「エンタープライズマッシュアップ」を推進している。さらに、エンドユーザがコンポーネントを組み上げて自身に必要なアプリケーションを動的に構築する「ダイナミック・ビジネス・アプリケーション」という考え方まで生まれている。このような変化に対するJavaへの影響や関わり方についてもGosling氏に尋ねてみた。

 同氏は「実際のところ、それはJavaの世界ではかなり以前から行われていること」と指摘する。

 「例えばNetBeansはそのいい例です。開発者はWebサービスやAjaxフレームワーク、あるいはデータベースなどをマッシュアップして様々なアプリケーションやサービスを構築することができます。エンタープライズ・マッシュアップやダイナミック・ビジネス・アプリケーションといった考え方も、Javaの世界でうまく機能しているといえるでしょう」

 同氏は基調講演においてもNetBeansによって開発の複雑さを吸収するということについて触れている。確かにNetBeansを利用して様々なサービスを組み合わせることにより、高度なアプリケーションが比較的容易に構築できるようになる。しかしNetBeasはあくまでもIT技術者のためのツールである。今後、開発者ではないビジネスユーザを対象としたツールを作るというプランはあるのだろうか。このことについて、Gosling氏は次のように語った。

 「確かに、NetBeansは開発者向けに作られているツールです。しかし実際のユーザ層は幅広く、技術のことに詳しくない人でも様々なサービスをマッシュアップして高度なアプリケーションを作っています。なので技術者にしか使えないツールではないと思います。もちろん、使い勝手を易しくしていけばより多くの人が利用できるようになるのでしょうが、そうすると専門的な分野でのニーズに応えることが難しくなります」

 ビジネスユーザ向けの新たなツールの登場についてはGosling氏は言及しなかったが、Sunがアプリケーション開発の裾野の拡大を目指していることは明らかだ。例えば現在同社では、NetBeansとは異なる、よりデザイナにフォーカスしたツールを開発中である。この新ツールは来年半ばの公開を予定しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]