編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Oracle OpenWorld 2007開幕--4万2000人の来場者が30周年を迎えたオラクルを祝う

山下竜大(編集部)

2007-11-12 22:35

 Oracle Corporationは11月11日、同社の年次ユーザーカンファレンス「Oracle OpenWorld 2007 San Francisco」を開幕した。同カンファレンスは11月15日までの5日間、カリフォルニア州サンフランシスコのモスコーニセンターをはじめ、周辺ホテルなどに約4万2000人を集めて開催される。

 日曜日の夕方に行われたオープニングキーノート、「Sunday Night Live」には、Oracleの最高経営責任者(CEO)であるLarry Ellison氏が登場。1977年にOracleの前身である「Software Development Laboratories (SDL)」が設立されたときからこれまでの同社の30年間を振り返った。

オラクルのLarry Ellison氏 Oracleの最高経営責任者(CEO)、Larry Ellison氏。

 Ellison氏は、初めての商用データベースとなった「Oracle2」の開発秘話や最初の顧客であるアメリカ中央情報局(CIA)に420万ドルでOracle2が売れた理由、歴代エグゼクティブとの出会いなどの話しを予定の時間を大幅に超えて紹介した。

 Ellison氏は、「Oracleの30年間の歴史は、顧客企業無しには語れない。今晩は、(創業者の1人である)故Bob Minerに捧げたいが、今週は30万社の顧客企業のためにOracle OpenWorldを成功させたい」と講演を終えた。Miner氏は、1994年11月に52歳で亡くなっている。

 明日から本格的にスタートする同カンファレンスでは、同社の主力製品である「Oracle Database 11g」の最新情報はもちろん、データベースの仮想化に対する取り組みや最新ミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware 11g」、Oracle Applicationsの基盤となる「Application Integration Architecture(AIA)」やSaaSへの取り組み、Unbreakable Linuxの最新動向などが発表される予定。

 同カンファレンスは、Oracleのエグゼクティブをはじめ、AMD、HP、Intel、Sun Microsystems、Dellの基調講演、1625のセッション、650の製品デモ、468社の出展による展示会場などで構成されている。

オープニングキーノートの様子 ご機嫌だったEllison氏は、予定の時間を大幅に超えてOracleの30年間を紹介した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]