編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

オラクル、独自の「キラーアプリケーション」戦略を発表

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:藤原聡美、福岡洋一

2007-11-14 19:31

 Oracleのアプリケーション開発担当上級バイスプレジデントであるEd Abbo氏は、「キラーアプリケーション」を何度も見てきたと思っている。そもそも、アプリケーション開発担当者の口から聞きたいこととして、キラーアプリについて以外に何があるだろう?

 Oracle OpenWorldの参加者たちが同社のアプリケーション戦略に関心を寄せていることを強く感じながら、Abbo氏は壇上に立ち、聴衆の聴きたいことについて話した。驚くべき内容もあれば、それほどでもない話もあった。

 Oracleは、同社のアプリケーションにソーシャルネットワーキングのような構造を持たせ、他の多くの企業がそうしているように、Web 2.0的な工夫を追加しようとしている。

 たとえばOracleは、「ソーシャルな顧客関係管理(CRM)」ソリューションを提供したいと考えている。そのソリューションの基本をなすのはCRMソフトウェアで、Googleのホームページをパーソナライズするツール「iGoogle」を利用して、インターネットからアプリケーションに情報を取り込む。

 販売担当者はこのソリューションにより、顧客候補や照会先、リード(見込み客)に関する情報を引き出せる。

 また、こちらはそれほど驚くべきことではないかもしれないが、アプリケーション部門の顧客たち、つまりPeopleSoft、Siebel、J.D. EdwardsといったOracleが買収した顧客企業に対してAbbo氏は、Oracleの最新かつ最大の次世代ミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」に慌てて飛びつく必要はなく、現状のソフトウェアアプリケーション開発を継続することで、各自のビジネスを進化させてよいと再度保証した。

 Oracleは、アプリケーションの中にFusion Middlewareのいくつかを追加しており、PeopleSoft、Siebel、J.D. Edwardsの製品の次期バージョンでも、同様にそうした機能強化が施されることになるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]