編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

レッドハット、サーバメッセージングソフトウェアの刷新を計画 - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2007-11-16 11:32

 この数字はTibcoIBMなどのプロプライエタリソフトウェアの約5倍だとStevens氏は言う。Stevens氏はまた、Red Hatの目標は顧客の需要を満たすことだとしながらも、プロプライエタリソフトウェアを提供しているライバル企業を襲うかもしれない「巻き添え被害」の可能性について触れている。

 一方、ライバル企業も黙ってはいない。IBMは先週、毎秒「数百万」のメッセージを処理できるとする「WebSphere MQ Low Latency Messaging Version 2.0」を発表した。

 Red Hatはメッセージングに長年注目してきた。最高経営責任者(CEO)のMatthew Szulik氏は2005年、メッセージングはRed Hatの中核事業であるOSよりも成長する可能性がある高レベルソフトウェアの1つだと述べた。

 Stevens氏はAMQPに大いに期待している。たとえば、AMQPをネットワーク標準規格にすることで、Ciscoなどの企業は、アドレス情報や優先順位情報をインテリジェントに処理し、速度を高めることができる。さらにRed Hatでは、自動的に記録されるようにして、必要に応じてメッセージシーケンスを再生できるようにしたいと考えている。記録しておくことで、監査、規制順守のためのソフトウェアを別に用意する必要がなくなると、Stevens氏は述べている。

 AMQPの標準化には、Red Hat、Ciscoのほかにも複数の企業が参加しており、Novell、Credit Suisse、Deutsche Boerse Systems、Goldman Sachs、Iona Technologies、29West Inc.などが名を連ねている。

 「メッセージキューイングを標準化し、(インターネットを強化するネットワーク規格である)TCP/IPのような規格にしたいと考えている」(Stevens氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]