編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

カリフォルニア州の山火事で分かった--災害時に活躍するITインフラとは

Michael Krigsman 文:吉井美有

2007-11-20 08:00

 カリフォルニア州南部で山火事が猛威を振るった。そのなかで、緊急サービスと地元住民はともに、迅速に展開されたITシステムの恩恵を受けている。

 Government Computer Newsに掲載されているレポートには、消火活動とコミュニケーションを支援するうえでITインフラが果たしている重要な役割が紹介されている。

img

1.ウェブサイトの帯域幅

 災害情報を求める声に対してカリフォルニア州がコンピュータによる自動対応を行ったため、同州の森林火災予防局(Cal Fire:California Department of Forestry and Fire Protection)の火災情報ウェブサイトへのアクセスが殺到した。

 Cal Fireの最高情報責任者(CIO)であるRon Ralph氏は電話インタビューの中で、同局のウェブサイトへのトラフィック量が増加したことで、割り当てられていた帯域幅ではおいつかなくなったのだと述べた。Cal Fireはそのウェブサイトに「Cal Fire Incidentウェブサイトは、トラフィック量が極度に増大したために機能していません。このページは暫定的なものであり、入手可能な最新の情報を提供しています」というお知らせを掲載した。

 Ralph氏は「トラフィックは12M〜14Mビットにまで増加していた」と付け加えた。

 Ralph氏はCal Fireサイトの帯域幅を増やしてもらうべくAT&Tに連絡をとった。同氏は「AT&Tは12時間もたたないうちに帯域幅を2倍にしてくれた」と述べ、「その迅速な対応には驚いた」と付け加えた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]