編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

MindManagerで「見える化」実践! スマートなプロジェクト管理(5)--チームや組織で 「知」を共有しよう! - (page 3)

渡邉安夫(シンプル・ビジョン)

2007-11-26 08:00

活用ポイント(1):チームの行動を共有する

■仕事情報

 仕事情報には、優先度や開始日、期限、期間、リソースといった計画情報のほかに、達成率を入力できる。達成率は、Microsoft Projectへエクスポートしたガントチャートデータにも反映される。

 また、仕事情報は、後述するフィルタリング機能によって任意のマーカーと組み合わせた条件で抽出することができるので、進ちょく管理に非常に便利だ。

 この機能を使う場合には、メニューの「ホーム」から「マップ マーカー」グループの中にある「仕事情報」アイコンをクリックする。

05-02 各トピックに「仕事情報」を付加することで、仕事の進ちょく情報を共有できる。(画像をクリックすると拡大表示します)

■トピックアラート

 期限を重視する重要な活動項目に関しては、トピックアラート機能を使うことで事前に警告を促すよう設定しておける。

 プロジェクト定例会議などの繰返し行われるイベントには、繰返し条件を追加設定できる。また、アラート情報は、後述するフィルタリング機能によって抽出することもできるので重要なイベント管理にも使える。

 この機能を使う場合は、メニューの「挿入」から「その他のトピック要素」の中にある、ベルの形をした「トピック アラート」アイコンをクリックする。

05-03 重要な案件を定期的にリマインドするように設定できる「トピックアラート」機能。(画像をクリックすると拡大表示します)

活用ポイント(2):情報(言葉)の意味を共有する

■マップマーカー

 私たちは通常、「言葉」でコミュニケーションを行っている。しかし、その言葉の意味が正しく共有できていないために生じる誤解もある。

 MindManagerでは、情報の意味を記号化するためのマーカーを、マップごとに定義できる。これは、一般的な地図における「凡例記号」と同じ役割を果たし、共通の理解を促すコミュニケーション上の基盤となる。

 また、マップマーカーは、後述するフィルタリング機能によって任意の条件で抽出できるので、さまざまな局面での情報マネジメントに役立つ。

 この機能を使う場合は、メニューの「ホーム」から、「マップ マーカー」グループに含まれる各アイコンをクリックする。また、リボン上の「マップ マーカー」グループボックスの右下にある小さなアイコンをクリックすると、「マップ マーカー作業ウィンドウ」を作業画面の右側に開くことができる。

05-04 情報や言葉の意味を「記号」として表現することで、誤解の少ないコミュニケーションを可能にする「マップマーカー」。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]