編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

フォトレポート:世界最大級の「PEZディスペンサー」博物館を訪ねて - 9/15

CNET News.com Staff

2007-11-27 16:15

 サンフランシスコから車で南へ20分ほど向かったところにある、カリフォルニア州バーリンゲーム。この街の自動車ショールームに囲まれた一角に、博物館のBurlingame Museum of Pez Memorabiliaはある。ここは、頭部に動物やキャラクターの顔を持つ棒型キャンディケース「PEZディスペンサー」を展示した、おそらくは世界最大規模の博物館だ。Gary Doss氏とNancy Doss氏が夫婦で運営しているこの博物館は、今までに製造されたPEZディスペンサーをすべて集めたコレクションを呼び物にしている。また、人気のある特注モデルも展示されている。設立から約12年経つこの博物館はもともとコンピュータ販売店で、Doss夫妻はPEZディスペンサーを客寄せに利用し、副収入も得ていた。だが、キャンディとディスペンサーを売り始めてから1年後、夫妻はコンピュータの販売をやめて、PEZだけを扱うことにした。写真のディスペンサーは1968年製で、Gary Doss氏のお気に入りだ。「Luv」という単語がサイケデリック風のモチーフにとしてあしらわれ、頭部には目玉がついている。
 PEZは1927年から1950年まで、今売られている多くのミント製品と同じように、簡素なブリキ製の箱に入れて売られていた。Pez Candyが、今や誰もが知っているプラスチック製の顔付きディスペンサーに入れてPEZを売り始めたのは、1950年のことだ。

 PEZは1927年から1950年まで、今売られている多くのミント製品と同じように、簡素なブリキ製の箱に入れて売られていた。Pez Candyが、今や誰もが知っているプラスチック製の顔付きディスペンサーに入れてPEZを売り始めたのは、1950年のことだ。

提供:Daniel Terdiman/CNET News.com

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]