編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

新種のレッサーパンダを捕獲:早速試す「Firefox 3」 - (page 5)

原井彰弘

2007-11-21 18:27

よりウェブ標準に準拠した描画エンジン

 Firefox 3では、大幅に書き直された描画エンジン「Gecko 1.9」が採用され、ウェブ標準により準拠した画面表示を行うことができるようになったという。

 ウェブ標準に準拠しているかどうかを確認する1つの方法として、「Acid2 Browser Test」というものがある。これは、HTMLやCSSの解釈、PNGファイルの表示などに関して、ブラウザが正しく標準に準拠しているかどうかを確かめるためのテストである。同サイトを開いた際に、それらの技術を多用して描かれたスマイリーが正しく描画されるかどうかで、ブラウザの標準への準拠度が判断できる。

 以下に、Firefox 2とFirefox 3でのテスト実行結果の画面を示す。

Firefox 2ではスマイリーが描画されない Firefox 2ではスマイリーが描画されない
Firefox 3 Betaではスマイリーが正しく描画される Firefox 3 Betaではスマイリーが正しく描画される

 Firefox 2ではスマイリーが描画されないが、Beta 1ではスマイリーが正しく描画されている。このことから、Beta 1のウェブ標準への準拠度が実際に向上していることがうかがえる。

アドオンはほぼ全て未対応

 以上、主にBeta 1の利点を述べてきたが、一方で問題もある。Firefoxの魅力の1つにアドオンの豊富さが挙げられるが、まだリリースされたばかりということもあり、ほぼ全てのアドオンがBeta 1には対応していない。

ほとんどのアドオンはFirefox 3 Beta 1に未対応 ほとんどのアドオンはFirefox 3 Beta 1に未対応

 今回のBeta 1は当のアドオン開発者などが利用するためのリリース。Firefox 3正式版のリリースまでに、対応するアドオンが続々とラインナップすることになるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]