実はこんなに盛りだくさん--マイクロソフトの組み込みOSを整理してみた - (page 2)

藤本京子(編集部)

2007-11-29 17:00

Embeddedファミリーに属さない2製品

 さて、Microsoftでは、ここまでに紹介したWindows Embeddedファミリーに属さない製品も2製品用意している。それは、スマートフォンなどのモバイル端末に向けた「Windows Mobile」と、車載機器用の「Windows Automotive」だ。2製品共にCEをベースとしたOSだが、これらはEmbeddedファミリー製品とは違い、OEMパートナーとの個別契約によってのみ提供される。

 もちろん、この2製品をEmbeddedファミリーから独立させているのは、同社がこの分野に注力している現れでもある。特にWindows Mobileに関しては、ウィルコムの「W-ZERO3」(シャープ製)を皮切りに、ソフトバンク、NTTドコモなどの携帯端末でWindows Mobileを搭載した機種が発売され、一般ユーザーからの注目も高まっている。

 さあ、これで読者の皆さんも、Microsoftがどのような組み込みOSを提供しているか、理解できただろうか。もちろん、組み込みOSはMicrosoft製だけではない。東京大学のTRONプロジェクトから生まれた国産の「ITRON」や、Wind Riverの「VxWorks」、Symbianの「Symbian OS」など、数多くの組み込みOSが存在する。

 Microsoftの組み込みOSの特長を同社 モバイル&エンベデッドデバイス本部 エグゼクティブプロダクトマネージャーの松岡正人氏に聞いたところ、「実行環境のテストが実機なしにできる。例えば、VoIP端末などの組み込み機器に設けられた小さな液晶画面の表示をテストしたい場合、通常は実機が必要だが、CEであればPC上で表示項目などをエミュレーションできる。タッチパネルの画面も、マウスを動かしてタッチパネルの操作をテストできる」としている。これが、開発の短期化にもつながるという。

 一般ユーザーが意識して使うことは少ない組み込みOSだが、Microsoftの組み込みOSを使えば、「開発者は、ユーザーがどういった使い方をするかを中心に考え、使い勝手やユーザーインターフェース、サービス部分にフォーカスして組み立てることが可能」と松岡氏。開発者にとっても、ユーザーにとってもやさしいOSとなっているようだ。

 W-ZERO3のような一般ユーザーに人気の端末だけでなく、ハイエンドの複合機などにも多く使われているというMicrosoftの組み込みOS。身の回りのWindowsマシンは、PC以外にも意外とたくさんあるのかもしれない。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]