編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

カーネルの論理CPU IDと、ローカルAPIC、物理CPUとの対応を表示するメッセージ

OSSメッセージペディア

2007-11-26 15:00

CPU CPU ID: Initial APIC ID: Local APIC ID, Physical Processor ID: Physical Processor ID

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

ハイパー・スレッディングが有効なIntelプロセサで、カーネルの論理CPU IDと、ローカルAPIC、物理CPUとの対応を表示する。このメッセージはブート時出力する。

ハイパー・スレッディングが有効なIntelプロセサの論理CPUと物理CPU、及びローカルAPICとの対応を把握する際に利用する。

このフォーマットのメッセージは、物理CPUが1台の場合にのみ出力される。複数台の物理CPUを搭載している場合は、以下の例のようにこれらの情報は複数行に分割される。
CPU0: Physical Processor ID: 0
CPU0: Processor Core ID: 0
CPU0: Initial APIC ID: 0

このメッセージは現時点ではIntelプロセサでのみ出力される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]