Leopard解体新書--第7回:Core AnimationでCover Flowを体験 - (page 3)

木下誠(HMDT)

2007-11-26 17:54

Cover Flowを体験

 Core Animationの「華」といえば、やはりCover Flowだろう。Cover Flowも、サンプルを使って体験してみよう。

 Cover Flowのサンプルは、開発環境とともにインストールされる。/Developer/Examples/Quartz/Core Animation/CovertFlowになる。

 このフォルダにある、CovertFlow.xcodeprojをダブルクリックして開いてほしい。Xcodeが起動したら、「ビルドして進行」を選択する。

 これでサンプルが動作する。デスクトップピクチャをCover Flow表示するはずだ。画像が並び、底辺の写り込みも実現されている。マウスで動かすことはできないが、カーソルキーの左右で絵を動かすことができる。

サンプルによるCover Flow サンプルによるCover Flow

 実際に触ってみると、高速に動作はするのだが、Finderと比べると若干のぎこちなさを感じると思う。これは、FinderのCover Flowでは、アニメーションの変位がゆるやか曲線になっているのに対して、サンプルの方では直線的に変位するのが原因だ。この辺りに、Finderが徹底的に作り込まれていることがうかがえる。

 サンプルのソースコードは、それほど複雑ではない。腕に覚えのある方なら、これをもとに、Cover Flowするアプリケーションを作ってみてはいかがだろうか?

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]