編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

「原点から未来へ良い仕事」をスローガンに意識改革を継続--三井物産

宮本利明

2007-11-27 15:51

CSR経営の取り組み

 同社は、2002年7月の国後島ディーゼル発電所事件、2004年11月のDPF(粒子状物質減少装置)問題と、21世紀に入り2つの大きな社会的な問題を引き起こした。これらにより長い期間を掛けて積み上げてきた、三井物産の信用と信頼は失墜してしまったと言わざるを得ない。

 そこで同社は、ステークホルダーの信頼と期待に応え、企業の社会的責任を重視する経営を推し進めることにより、質と量の両面から企業価値の向上を目指すことを経営目的として、2006年4月に制定した「三井物産コーポレートガバナンス及び内部統制原則」に明示、同時にCSR経営の全社推進の中核母体となるCSR推進部を発足させたのである。同社が目指すCSRの道標は経営理念である。経営理念は「Mission」「Vision」「Values」――という3つからなり、これらの経営理念は社員証の裏に記載されている。

経営理念から外れる仕事は良い仕事ではない

 商社は新しいニーズとシーズを見つけてきて、事業を起こしていくという業態において、個人の裁量がとても広いと言える。その中では「自由と規律」のバランスが問われることになる。コンプライアンスはもちろんのこと、「経営理念から外れる仕事は良い仕事ではない」と全社員が認識し、規律の中で自由に事業を起こしていくのが商社の正しい姿だろう。

 こうした認識の下、三井物産は4つの事業を「特定事業」と定め、慎重な事業推進を図っている。(1)新技術・新事業の開発を伴う「R&D型事業」、(2)環境に密接に関与する「環境関連事業」、(3)ヒトゲノム・遺伝子解析などに関連する「バイオ倫理関連事業」と、(4)補助金事業や公序良俗に抵触するリスクのある「公共性の高い事業」――の4つである。

 経済のグローバル化、情報化、あるいはCSRに対する意識の高まりなどにより企業を取り巻くリスクは、増大し多様化している。上記4つの事業領域に関しては、同社のCSR推進部が「特定事業管理制度」にのっとり、リスク管理や経営理念に抵触しないかどうかの観点から、金額の大小を問わず、全案件を審査しているという。リスク管理の手法として、評価されるものとなっている。

社員とのかかわり

 またCSR推進部では、社員一人ひとりの意識が、経営理念「Mission」「Vision」「Values」というベースと重なるように意識啓発やセミナーに注力している。こういった取り組みを後押しするべく評価制度を見直し、組織業績評価の評価基準をシフトさせている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]