編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

許せん! Macが伝統のフォントを拒否? Win発のフォントならOKって……(ZDNet Japanブログより)

David Morgenstern

2007-11-30 17:35

 感謝祭の休みを利用して、Appleの新しいサポート情報をチェックしてみたところ、神経を逆なでされる記事を見つけた。「Mac OS X 10.5 Leopard」とAppleのプレゼンテーションソフトウェア「Keynote」に関するもので、これによると両製品は、1986年からMacで使用されてきた複数のフォントが気にくわないらしい。

 記事には、「Mac OS 10.5(Leopard)システムで特定のフォントを使用した場合、Keynoteが突然シャットダウンする場合があります。特に、テキストにビルドを追加する際、こうした現象が起こっています」とある。特定のフォントとは、「Courier Oblique」「Courier Bold Oblique」「Helvetica Oblique」「Helvetica Bold Oblique」だ。

全文はこちら--「アップルコア」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]