編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

シマンテック、早期警告サービスに企業の“評判”を保護する機能を追加

吉澤亨史

2007-11-30 18:42

 シマンテックは11月30日、早期警告サービスである「DeepSight Services」に、企業の評判を守る2種類のアラート機能として「ネットワーク感染アラート」と「ブランド保護アラート」を追加したと発表した。

 ネットワーク感染アラートは、世界中の情報を集める「Symantec Global Intelligence Network」のデータから、企業のウェブサイトなど特定のIPアドレスから発生する悪意のある活動を探し出す。そのような活動は、企業ネットワーク内で悪意のあるコードが発生したことを表しているかもしれず、企業の評判にダメージを与える可能性があるからだ。この機能により、企業ネットワーク内の感染マシンを特定し、修復作業を開始するために必要な詳細情報をITスタッフに提供する。

 また、ブランド保護アラートは、ユーザー企業のブランドになりすましたフィッシングサイトを見つけると、その事実を顧客企業へ通知するというサービス。フィッシングサイトのIPアドレスや活動日時など、フィッシングサイトに対抗するのに十分な詳細情報を顧客企業に通知する。

 今回は、新たにRSS機能が追加されている。これにより、DeepSightにあるほとんどのアラートをRSSリーダから参照できるようになり、出先や遠隔地でもアラート情報が得られるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  3. コミュニケーション

    マンガで解説、失敗するグループウェア導入の3つの理由とは?導入効果を高める「使いたくなる工夫」

  4. 経営

    いまさら聞けないクラウドインフラの基本ー初級技術書の定番 IaaS for dummies公開中

  5. コミュニケーション

    機能とコストを徹底比較、ニューノーマル時代の企業を支える最新グループウェア5製品の違いとは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]