編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

FreeBSDにセキュリティアドバイザリ:乱数が推測される可能性など

後藤大地(オングス)

2007-11-30 19:37

 29日(米国時間)、FreeBSDプロジェクトから2つのセキュリティアドバイザリ「FreeBSD-SA-07:09.random」と「FreeBSD-SA-07:10.gtar」が公開された。

 FreeBSD-SA-07:09.randomではrandom(4)やurandom(4)を経由して直前の乱数が推測できる可能性が、FreeBSD-SA-07:10.gtarではgtar(1)にあるパス扱いのバグによるファイル上書きの可能性が指摘されている。

 どちらも緊急性は高くないものの、早めのセキュリティアップデートを実施されたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]