編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マルチコア対応大幅強化―FreeBSD 7の登場は2008Q1

後藤大地(オングス)

2007-12-04 13:46

 次期FreeBSDとなる「FreeBSD 7.0」のリリースが2008年1月14日になりそうだ。リリースエンジニアリングが開始された当初、2007年12月中のリリースが予定されていたことから、約1カ月先延ばししてのリリースになる。同時にリリースが予定されている6系の最終バージョン「FreeBSD 6.3」は11月23日にリリース予定。

 FreeBSD 7.0はマルチコア/プロセッサの性能やスケーラビリティが向上するブランチだ。すでに8コアでMySQLやPostgreSQLが優れたスケーラビリティを発揮することが確認されている。ただし、性能がそれほど伸びない例も報告されており、汎用的なスケーラビリティと優れたパフォーマンスが発揮されるのはULEスケジューラがデフォルトになり、報告されている問題が解決されるであろう7.1以降になるとみられる。

 エッジサーバの性能を向上させるにはマルチコア/マルチプロセッサ構成のハードウェアをいかに活用できるかが重要だ。その点でFreeBSD 7系はパフォーマンスとスケーラビリティが向上する重要なブランチになるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]