編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

次期Silverlightはバージョン2.0:1.1から変更

後藤大地(オングス)

2007-12-04 16:46

 MicrosoftのGeneral ManagerであるScott Guthrie氏は11月29日(米国時間)、自身のブログでMicrosoft Silverlightの次期バージョンが予定されていた「Silverlight 1.1」から「Silverlight 2.0」に変更された旨を述べている。

 次期Silverlightはもともと1.1として開発されていたが、強化された.NET対応機能などマイナーバージョンアップとして提供するのは不適切と判断。Silverlightの開発言語がJavaScriptからC#やVisual Basicなど幅広く増えることから、バージョンを2.0に変更するに至ったとしている。

 現在Silverlightの開発はサードデベロップメントマイルストーンの段階にある。MIX 08イベントまでにさらにもうひとつのデベロップメントマイルストーンを経るとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]