編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

新Flash Player - H.264・Leopard・Linuxフルスクリーン対応

後藤大地(オングス)

2007-12-04 16:46

 Adobe Systemsは3日(米国時間)、Flash Player 9の最新版となる「Flash Player 9 Update 3 (9.0.115.0)」を公開した。マイナーアップデートリリースだが、注目にしておきたい変更内容になっている。AdobeのProduct Manager for Adobe Flash Playerを務めるEmmy Huang氏は自身のブログにおいてその旨を述べている。

 Update 3 (9.0.115.0)ではオーディオ/ビデオオプションにH.264/HE-AACコーデックサポートが追加されたほか、Mac OS X Leopardサポートの追加、Linuxにおけるフルスクリーンモードのサポート、各種パフォーマンス改善(レンダリングにおけるマルチコアサポートの実現、フルスクリーンモードにおけるハードウェアスケーリング機能の追加、マルチスレッドビデオデコーディングの実装、イメージスケーリングに新しいアルゴリズムを採用、SWFサイズとアプリケーションローディング時間を減少させるキャッシュの実装)が実現されている。

 これ以外にバグも修正されており、アップデートをオススメしたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]