編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フォトレポート:Koenigseggのスポーツカー「CCX」と「CCXR」--限定モデルの画像公開

CNET News.com Staff

2007-12-12 10:50

 自動車メーカーのKoenigseggは、スポーツカー「CCX」と「CCXR」の特別仕様モデルの噂と真偽不明のレンダリングをインターネット上で見聞きしてきたファンたちをついに満足させた。これらの特別仕様車は、2008年にジュネーブで開催される「Geneva Auto Show」まで正式発表されないが、Koenigseggはファンを喜ばせるために数枚の画像を先行公開している。Koenigseggによると、両モデルとも同社が既存の顧客の要望に応えて開発されてきたもので、5リッターのツインスーパーチャージャーエンジンを搭載する予定だという。バックギア付きの6速ミッション車で、可能であれば、ハイウェイよりもレーストラックで走る方が、より実力を発揮できるだろう。限定版の両モデルは、停止から時速100kmまで2.9秒で加速する。最高時速は、バイオ燃料車のCCXRが時速417km以上、ガソリン車のCCXが時速400km以上となっている。
 自動車メーカーのKoenigseggは、スポーツカー「CCX」と「CCXR」の特別仕様モデルの噂と真偽不明のレンダリングをインターネット上で見聞きしてきたファンたちをついに満足させた。これらの特別仕様車は、2008年にジュネーブで開催される「Geneva Auto Show」まで正式発表されないが、Koenigseggはファンを喜ばせるために数枚の画像を先行公開している。Koenigseggによると、両モデルとも同社が既存の顧客の要望に応えて開発されてきたもので、5リッターのツインスーパーチャージャーエンジンを搭載する予定だという。バックギア付きの6速ミッション車で、可能であれば、ハイウェイよりもレーストラックで走る方が、より実力を発揮できるだろう。限定版の両モデルは、停止から時速100kmまで2.9秒で加速する。最高時速は、バイオ燃料車のCCXRが時速417km以上、ガソリン車のCCXが時速400km以上となっている。

 自動車メーカーのKoenigseggは、スポーツカー「CCX」と「CCXR」の特別仕様モデルの噂と真偽不明のレンダリングをインターネット上で見聞きしてきたファンたちをついに満足させた。これらの特別仕様車は、2008年にジュネーブで開催される「Geneva Auto Show」まで正式発表されないが、Koenigseggはファンを喜ばせるために数枚の画像を先行公開している。Koenigseggによると、両モデルとも同社が既存の顧客の要望に応えて開発されてきたもので、5リッターのツインスーパーチャージャーエンジンを搭載する予定だという。バックギア付きの6速ミッション車で、可能であれば、ハイウェイよりもレーストラックで走る方が、より実力を発揮できるだろう。限定版の両モデルは、停止から時速100kmまで2.9秒で加速する。最高時速は、バイオ燃料車のCCXRが時速417km以上、ガソリン車のCCXが時速400km以上となっている。

提供:Koenigsegg

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]