編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ユーザidなどの更新処理で生成されるEXT3のジャーナリング処理で、エラー発生を示すメッセージ

OSSメッセージペディア

2007-12-05 13:00

EXT3-fs error (device device_name) in ext3_setattr: err_string

対処

前後のメッセージから状況を判断する。以下のような対処が考えられる。

  • "Out of memory" (エラー状況コード12)の場合は、メモリ不足に陥っているため、メモリ状況を確認し、不要なプロセスがあれば終了させる。
  • "IO Failure" (エラー状況コード5)の場合には、システムログより、ディスクのハードウエア障害発生を確認する。ハードウエア障害が確認された場合には、交換を実施する。不整合が生じているので、バックアップから回復を実施するのがよい。
  • それ以外の場合は、EXT3ファイルシステムに不整合が生じている可能性があるため、データの検証を行い修復するか、バックアップより回復する。

RAID1ディスクのIOエラー発生時に、他のメッセージとともに表示された事例があった。

説明

device_name が示すデバイス上のiノードブロックのユーザidやグループidの更新処理に対して生成されるEXT3ジャーナリングシステムのジャーナリング処理で、error_stringで示すエラーが発生した。(iノードブロックはファイル属性を保持しているメタデータ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]