編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Parallels、Leopard対応仮想化ソフトをリリース

文:Colin Barker(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:編集部

2007-12-05 15:13

 最新版の「Mac OS X」である「Leopard」発表から5週間後、Parallelsは11月30日、Leopardをサポートした自社仮想化ソフトウェアバージョンを発表した。

 Appleの最高経営責任者(CEO)のSteve Jobs氏がLeopardの詳細をデモしたのは、同社が2007年6月に開催した「Worldwide Developers Conference」でのことだ。

 しかし、Mac向けの仮想化ソフトウェアベンダーのParallelsが、Leopard対応版を提供すると発表したのは10月のことだった。この当時、Parallelsの親会社SWsoftでコミュニケーション担当ディレクターを務めるBen Rudolph氏は、「Parallels Desktop for Mac」のLeopard対応にはいくつかの問題があると述べていた。これらの問題は、「解決する必要があるが、数週間以内に実行できる」とRudolph氏は語っていた。

 Parallelsは30日、Parallels Desktop for Macのプレミアム版も発表している。これには、通常版にはない機能が3つ加わっている。

 1つ目の機能は「Kaspersky Internet Security 7.0」で、ウイルス、スパイウェア、スパムなど、Mac上で動くWindows仮想マシンに悪影響を与えるマルウェアからシステムを保護する。2つ目のバックアップと3つ目のディスク管理ソフトウェアは、Acronis製のソフトウェアだ。プレミアム版の価格は59.99ポンドとなっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]